大人の女性のおしゃれ生活 ベルーナ

2010年07月06日

エチカの鏡 7月4日 認知症予防 速聴

エチカの鏡 2010年7月4日放送は、認知症予防スペシャル第2弾

現在日本を含め、世界中でアルツハイマー病の増加が深刻化している。
なぜ増加しているのか?
南カリフォルニア大学のヴィンセント教授のチームが研究成果を発表
アルツハイマーの原因は?
→ストレス・睡眠不足・運動不足・食生活などの生活習慣の乱れが原因。

更に、ガーデニングをしている人は、認知症になる確率が36%低い
毎日30分程度の昼寝をする人は、認知症になる確率が5倍低い
1日2杯以上緑茶を飲む人は認知症になる確率が54%低い

一方で、喫煙者は認知症になる確率が50%高い
酔いつぶれた経験のある人は、認知症になる確率が10.5倍高い
などの研究結果を発表。

本日のハテナ ボケないために毎日の生活をどうしたらいい?

2003年6月号 アメリカの権威ある医学雑誌「ニューイングランドジャーナル」
で発表された内容は、家事をほとんどしない人よりしている人の方が認知症に
なる確立が12%低い。


ハテナ@家事で認知症を防げるってホント?
認知症は物忘れが進んだ事による病気ではない、
前頭葉の働きが低下して起こる病気
家事は手順良く段取りを組まなければいかない、
同時にいくつかの事を効率よく行うには
前頭葉を相当使わなければないけない。
何気なくやっている家事では、運動機能を司る小脳しか鍛えられない。

認知症予防 明日から出来る家事 5つのポイント
@掃除はホウキとチリトリでする。
A皮むきは包丁→手先の器用さが要求される作業で注意力・集中力が必要
Bスイーツは手作りする→出来上がりをイメージしてデコレーションすることによって
            遂行実行機能を磨くには効果的である。
Cアイロンがけは夫を思いながらする→人を思いやるというのは前頭前野の働き
Dご飯をよそう時は利き手の逆の手

●あなたは電話で話す時どちらの手に受話器を持ちますか?
実はと脳の関係に重要な意味を持つ。

右耳を聞き耳にする人:右耳は言語・記憶を司る左脳と直結情報を
           素早く把握する。
左耳を聞き耳にする人:右脳を経由後、左脳に情報が入る為
           情報を把握するまでに時間がかかる。
           過去を引きずるという人は左が聞き耳の人が多い。
右耳で言葉を聴く方が脳の処理能力が有利に働く


ハテナA耳で認知症を予防するとはどういう事?
耳の感度が悪くなると、音の情報がストップしてしまい脳が活性化しなくなる
その結果コミュニケーションに支障をきたし認知症になる原因を誘発する

要注意ポイント
@聞き返す事が多い
A雑踏の中で相手の話を聞き分けられない
耳の老化が進んでいる可能性あり。

耳の老化を防止する方法
高周波数域の音を聞く→鳥のさえずり・虫の鳴き声・川のせせらぎ・木の葉の音


ハテナB認知症予防のための速聴トレーニングとは?
篠原菊紀教授(速聴の本を多数出している)
速聴トレーニングとは早回しの音を聴き取るトレーニング

           

ハテナC昭和歌謡で認知症予防ってどういう事?
認知症防止に効果的な昭和歌謡カラオケ3箇条
その@歌詞を丸暗記して歌う
オススメの昭和歌謡曲:テレサ・テン「空港」、石川さゆり「津軽海峡 冬景色
そのA男性は女性の曲を女性は男性の曲を歌う
そのB他人が歌っているときも口ずさむ

今中高年に大人気なのが昭和歌謡曲バスツアーなのだそうです。

              
posted by 英才教育ママ at 17:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | エチカの鏡 認知症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/155604410
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック



  • seo
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。