大人の女性のおしゃれ生活 ベルーナ

2010年06月27日

エチカの鏡 褒める 夫・子どもをホメて伸ばす

エチカの鏡、3月14日放送のテーマは
夫・子供をホメて伸ばす

本日のハテナ
夫や子供をホメて伸ばすにはどうしたらいい?

ハテナ@なぜホメるセミナーに人が集まるの?
コミュニケーションコーチ谷口祥子氏を取材
(ホメ方テクニックの本も執筆)


あたりまえだけどなかなかできない ほめ方のルール (アスカビジネス)

Q.何でホメ方セミナーに人が集まるのか?
→好景気の時代は叱られても見返りや報酬があったが

不景気の現在は叱られて努力しても見返りがない。
相手の可能性を引き出すという事が求められている。
ホメることで相手を気持ちよくさせやる気を起こさせる。


ハテナAホメられると脳はどうなる?
愛知県生理学研究所 定藤規弘医学博士を取材

定藤規弘の本
脳地図を書き換える―大人も子どもも、脳は劇的に変わる

ホメられると脳に何が良いのか?
→脳がやる気を出す。
普段の脳とホメられた時の脳を比較すると、ホメられると脳の一部が
活性化した。活性化した部分は線条体といって食欲や性欲を満たす時などにも
活性化し再びそれを得ようと体に働きかける。


ハテナB夫をホメて伸ばすテクニックとは?

夫を伸ばす5つのホメ言葉
その@「それ私は良いと思うな」
 →あくまでも自分の感想という形で使う。
  リアクションを求めないため受け入れやすい。
  妻からの信頼感も感じる事ができる。

そのA「さすが男ね」
 →小声で呟くことでリアリティが増す。 
  電気配線を繋いでくれた時などにも効果的。
           
そのB
「どうやったらあなたのようにできるの?」
 →夫の自己満足度を満たす効果
  場合によってはお世辞に聞こえてしまう危険性も
  あくまでもさりげなく聞く。

そのC「パパの事好きって言ってたよ」
 →子供からの伝言的な使い方で実践しやすい

そのD「あなたに大切にされてとても幸せだわ」
 →妻からの愛情を感じ責任感が生まれる
  「あなたは一途な人だから」→浮気防止

ハテナC偉人もホメられて育った?
日本には人をホメて育てる文化があった
優秀な先生は上手はホメ方で生徒を伸ばした
偉人はホメられて期待されて偉人になっていく
歴史上では吉田松陰は上手に人をホメて多くの偉人を輩出した。

       

松陰曰く「人には賢い者も愚かな者もある、
しかし全く才能がないという人間は存在しない、
一人一人の生まれ持った力や個性を良い方向へ
伸ばしていってやれば将来は国家の役にたつ人間になる」

ハテナD子供を伸ばすホメ方とは?
日本人メジャーリーガー松井秀喜の父
著書「秀さんへ。息子松井秀喜への二一六通の手紙」

      

幼い頃から息子を「秀さん」と呼び「父子対等」の
教育観の元育て上げた。

・子供をホメるテクニック
叱るのを2割と考えると、余分に8割はホメる。
ホメてからしつけとして伝えるべきことを話す。
ホメて子供の心を開かせ、その後叱る。
子供は親の言葉をしっかりと受け止めてくれる。
子供の良い所に注目し、さらにホメて伸ばす。
親が素直に子供をホメてあげること、
子供も励みになりやる気が起こる。

ハテナE子供によくないホメ方とは?
脳研工房 久保田カヨ子さんにも聞いた
ホメ方を気を付けないと子供に悪影響があるという。
脳科学おばあちゃんカヨ子のホメ方アドバイス

      
脳科学おばあちゃん久保田カヨ子先生の誕生から歩くまで 0~1才 脳を育むふれあい育児 (主婦の友生活シリーズ)

@手伝った時にはホメない
→簡単にできる行動をホメ過ぎると子供は慣れきってしまう
「我慢」や「辛抱」ができた時にホメると子供の社会性がUP
コロンビア大学が行った子供のホメ方の研究では
努力をホメた子供の方がより困難な課題を
乗り越える可能性が高くなるという。

Aホメる時は同じ視線の高さで対面すべし
→常に母親を仰ぎ見る姿勢だと、自然と卑屈になってしまう。
 さらに目を動かす筋肉が
 バランスよく使われず偏りがちになってしまう。

B子供をホメるということは、
自分が嬉しかったという気持ちを伝える」ことである。
夫はホメてのせる
子供は努力をホメること
ホメ方の使い分けであなたに幸せがやってきますよ。


[PR]あなたがFXで1番知りたかったこと。先進のFXビクトリーメソッド【アドバンス】完全版
posted by 英才教育ママ at 22:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | エチカの鏡 褒める | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/154668485
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック



  • seo
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。